お得に物件を借りる

お得に賃貸を借りるコツ

賃貸の部屋を借りるときに支払うのが「敷金・礼金」「仲介手数料」などの初期費用です。初期費用は家賃6カ月分ぐらいは用意するのが基本です。一人暮らし用の賃貸でもかなりまとまった金額が必要になるため、初期費用がネックになってなかなか賃貸が借りれない人もいると思います。 しかし、初期費用がない物件を借りることでお得に賃貸の部屋を借りれます。敷金ゼロ、礼金ゼロの賃貸マンションやアパートは沢山あります。敷金と礼金がないと初期費用をかなりカットできます。 また「仲介手数料なし」の賃貸物件も中にはあります。仲介手数料は家賃1か月分(+消費税分)請求されるのが普通ですが、これがなくなることでも大きなコストカットになります。

初期費用の平均的な相場

賃貸の部屋を契約するときに一般的にかかる費用を見てみると、敷金が家賃2か月分、礼金が家賃2か月分、仲介手数料が家賃1か月分、家賃の前払い分、火災保険料約1万5千円、鍵交換料1万円となります。家賃が5万円の賃貸マンションを契約した場合、初期費用として30万円以上必要になる計算になります。 さらにこれに加えて引越し費用も必要になります。引越し費用は引越し先への移動距離や荷物の量、人員の数によって決まります。クリーニングや粗大ゴミ回収などのオプションをつけることもできます。 初期費用を抑えるには、引越しシーズンを避けることです。春よりも夏か冬に引越ししたほうが費用が安くなり、交渉次第で値引きもしてくれます。

ページのトップへ戻る