マンションを借りる

賃貸マンションの魅力

賃貸マンションには、さまざまな魅力があります。これは分譲マンションと比べても割と顕著ではないかと思います。 賃貸マンションと新築マンションの一番の大きな違いは、その価格の違いであります。中でもでも特に初回費用の違いは大きく、賃貸マンションの場合は初回の費用が30万円程度で済みますが、分譲マンションを購入した時は初回の費用だけでかなりの金額になります。 これは、年代別にみるとわかりやすいのですが、賃貸マンションは20代が入居率が多くそれ以降50代60代になるにつれて緩やかなカーブを描くように入居率が減少していきます。 これに対して、分譲マンションは全く逆の傾向にあります。20代が1番少なく、60代70代の入居率が圧倒的に多い事は初回費用などの金銭面による違いがやはり大きいでしょう。

結局どちらが得なのか

金銭面以外でも、60代や70代の賃貸マンションを借りる人が減少しているのは、賃貸マンションを借りにくいからと言う理由があります。 家族住まいの賃貸マンションと言う形も少ないことから、30代から40代にかけての賃貸マンションを借りる人たちも徐々に減少してきます。 これに対して分譲住宅は給料が上がるごとに買いやすくなりますので年齢とともに分譲住宅が人気があるというのはうなずけます。 ただ、長期的な住宅ローンを組むとなると話しは変わってきます。住宅ローンを組む場合に余裕を持って組む場合はまだ問題ありませんが、ただ賃貸マンションは毎月の家賃を払わなければいけないからという理由だけでローンを組むのは結果的に負担が大きくなる可能性もあるのです。

ページのトップへ戻る